気らくに、気ままに、のんびり行こう、easygoing
CATEGORY | ARCHIVE | LINK | ABOUT | BLOG LIST | OTHERS
◇お気に入りのカメラとレンズたち
一眼は、主に単焦点レンズで遊ぶ。

P1040443.JPG

_IGP2514.JPG

いつもバッグの中にはコンデジを。

_IGP2517.JPG
2013.08.01 Thursday ... comments(0) / -
◇LUMIX GF2 セミナー

Panasonicのマイクロフォーサーズ・デジタル一眼「LUMIX G2」で、デジイチデビューしたのだが、多機能すぎていまいち使い方を把握していない。取り説を読めばいいのだが、それもまた面倒。そんときタイミングよく「LUMIX GF2 セミナー」がパナソニックセンターで行われることを知り申し込んでみた。プロカメラマン森脇章彦さんの指導で、そのLUMIX GF2の使い方や写真の撮り方などを学ぶセミナーだ。


G2とGF2は形こそ違えど、タッチパネルなど機能は共通していることが多い。またGF2そのものにも興味があったので、実機を触るのを楽しみに参加した。セミナーは1クラス20名。ぼくのようにGF2を持っていない人は、当日レンタルできる。
セミナーは森脇氏の近況と今回の震災に関する各地のカメラマンの活動等の話からはじまり、GF2の説明や実際の撮影見本など使っての技術解説と続いた。カメラ専門誌などでの執筆やイベントでの講演を数多くされている森脇氏。独特の「辛口」批評は好評を得ており、セミナーでも楽しい話が聞けた。
続きを読む >>
2011.05.15 Sunday ... comments(0) / trackbacks(0)
◇下手でもそれなりに

コンデジ一辺倒だったので、デジイチを使うならコンパクトなマイクロ4/3と思っていた。そしてこのレンズは絶対に使ってみたいとゲットしたのが、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.だ。小型・軽量サイズの単焦点パンケーキレンズ。開放F1.7の明るさを実現し、高コントラストでコンデジでは難しかった美しいボケ効果が期待できる。ぼくのような下手の横好き素人でも、それなりの写真が撮れるはずだ。


絞りを開放にして店内での近接撮影。コンデジだとズームマクロにしないと撮れない場面。向かいに座ったイカシタおじさんも、この際ボケてもらおう!カップのピントが甘いのは、ご愛嬌ということで。


絞り込んで(F4.0)広角寄りに撮ってみる。20mm(35mm版換算40mm相当)の画角は、懐が深いというか、自由度が高い感じがする。これまでズーム機能に頼っていたけど、自分で寄ったり離れたりしながら撮影する単焦点レンズは楽しくて仕方ない。下手なりにも撮る気にさせてくれるレンズだ。
2011.05.10 Tuesday ... comments(4) / trackbacks(0)
◇パンケーキ!

焼きたてのパンケーキは美味しいね!
じゃなくって・・・
続きを読む >>
2011.04.29 Friday ... comments(0) / trackbacks(0)
◇GX200、久しぶりの男前

写真を撮ることの楽しさを教えてくれたリコーGX200。これまでにも各種オプションを揃えたり、ボディにレザーを貼ったり、革製のリストストラップを奢ったりと、いろいろ男前カメラへと仕立てていった。このところずっと満足してはいたのだが、最近ワイコンとビューファインダーを付けて持ち出す機会が多くなり、首から提げたほうが便利だな、と感じていた。そこでリストストラップとおそろいの赤いステッチが施されたレザーのネックストラップを買った。見た目はシンプルなストラップだけど、裏はスエード貼りの2枚合わせでフルステッチ。Aki-Asahi製らしい結構細かなところにこだわった作りで、長さ調節も可能。コンバーションレンズを付けたままの、お散歩カメラとしても使い勝手が向上。またまた男前度もアップした。
2010.10.08 Friday ... comments(2) / trackbacks(0)
◇続HDR

前回初めて使ったPhotomatix Pro 3.0。異なる露出で撮影された複数枚の写真を1枚の画像に合成し、画像のダイナミックレンジを拡大するものだが、その効果は素晴らしい。カメラの設定はまだよく理解してないので、思っているイメージとは違うし、それを補正できるだけのレタッチの手法もわからない。そんなど素人でもHDR合成なら、自分の描いたイメージに近い仕上がりになっていると思う。もちろん、これだけに頼っていてはダメなんだけどね。
■露出時間 1/11(0.091秒)、F値 f/2.9、ISO感度 100、露出ブラケット ±0.5

続きを読む >>
2010.06.21 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
◇HDR

最近、写真ブログや画像共有サイトで「HDR」という言葉をよく目にする。ハイダイナミックレンジの略で、露出量を変えた同じ写真を複数合成してできる、人間の視覚的なより幅広いダイナミックレンジを表現した画像だ。実際の作例はFlickr-HDR searchを見れば、どんなものか分かってもらえると思う。このHDR加工するのにはPhotoshopCS2以降なら簡単なわけだが、そんな高価なソフトを買うわけにはいかない。そこで有名なソフトPhotomatix Pro の体験版なら無料なので使ってみた。


カメラの機能にあるオートブラケットで露出を±0.5で撮ってみた。左が±0、真中が−0.5、左が+0.5.この3枚を合成したのが上の写真だ。真夏のような今日の陽射しがよく出たと思う。これからもいろいろ試してみよう。
2010.06.17 Thursday ... comments(2) / trackbacks(0)
◇時代を写したカメラ

仕事の関係でフォトグラファー佐藤秀明氏の事務所に行った。ポスターに使う写真を借りるためだ。一通り写真をセレクトした後、しばし雑談。氏の事務所には、何点か作品が置かれている。その中で目に付くのが、かの9.11テロで崩壊した世界貿易センタービルのパネルだ。それは建設中・完成後・崩壊直後の3枚を連続してパネルにしてある。氏にとって世界貿易センタービルは「原点とも言える思い出の建物だった」という。


1967年から69年までニューヨークに住んでいた当時、まだ駆け出しだった氏は、毎日のように建設現場に行き、日記を書くように撮り続けたそうだ。そんな話をしてたとき、「そのときのカメラあるよ」と言って、本棚の置くから無造作に取り出した一台のGraflex。歴史を焼き付けてきたその風格から、ぼくのような素人にもひしひしと伝わってくる“何か”があった。道具として使い込まれた、息遣いのようなものを。
続きを読む >>
2010.04.14 Wednesday ... comments(0) / trackbacks(0)
◇マクロで遊ぶ

季節が目覚めたかのように咲きほころぶチューリップ。GX200に倍率1.88倍のテレコンをつけてマクロ撮影。望遠端で135mm相当(35mm判カメラ換算)。整然と並んだチューリップ。奥行きがいい感じに出ている。

続きを読む >>
2010.04.12 Monday ... comments(0) / trackbacks(0)
◇Sense GXR 12人の表現者たち

ここ最近、とても気になるカメラがある。何度かこのブログにも書いたリコーGXRだ。このユニット交換式コンパクトデジカメGXRで12名の写真家が撮影した作品を一堂に集めたグループ展、「Sense GXR 12人の表現者たち」が今月17日からリコーのフォトギャラリーRING CUBEで開催されている。参加した写真家は安達ロベルト氏・阿部秀之氏・飯塚達央氏・小澤太一氏・清水哲朗氏・テラウチマサト氏・塙真一氏・藤田一咲氏・前川貴行氏・森谷修氏・ハービー山口氏・横木安良夫氏の12名だ。
このカメラのユニークなシステムはさておき、GR LENS A12 50mmは本当に素晴らしい。この写真展を見て、ますます物欲がそそられる。最も撮る人の腕にもよるんだろうけど。
2010.03.25 Thursday ... comments(0) / trackbacks(0)
| 1/5 | >>